九楽雅

九楽雅

九楽雅

読みは「くらく まさ」。ヒト形ロボットアンドロイドの少年。

正確にはヒトではなく、キツネジンという種族に似せてあって、狐の耳と尻尾がついている。設計ミスで人間の耳もついている…。

非常によく出来ていて、機械で出来ている事を証明する方が難しいくらい。

キツネジン族の能力、ヘンゲを習得している。しかしヘタクソで服装しか変化しない。

しばらく見つめた相手の動作パターンを自分の動きに取り込む、モーショントレースという機能が、回路に組み込まれている。これをヘンゲと併用してそれっぽい特技となる。